ゆたふくろうの人生を豊かにするお金の使い方

こんにちは、2040年にサイドFIREを目指すゆたふくろう一家です

サイドFIRE達成のために、「固定費の見直し」と「節約」を実践している我が家ですが節約のしすぎは、生活にいろどりがなく心が荒みますよね。でも、お金を費やすべきものか否かの線引きって難しい。

今回は、ゆたふくろう節約術・お金の豊かな使い方をご紹介します。ポイントは2つです。

①お金だけでなく、時間を節約する
②「モノの価値」>価格か意識する

私も以前は節約至上主義で、お金よりも大切なものを無駄にしてきました。その頃の自分に向けて書いた記事でもあります。少しでもお役に立てれば嬉しいです!

冒頭でお伝えした通り、私達はサイドFIREを目指しています。
サイドFIREと聞くとこんな印象がもたれそうです。

若い間にすっごい節約して、貯金や投資に回すんだよね

20代30代くらい、楽しく生きたい!!


もちろん極限まで節約して目指す人もいるでしょう。ですが私達は、今を最大限に楽しみながら計画的にサイドFIREを目指しています。

FIREに必要な資金は25年分の生活費、サイドFIREに必要な資金はその半分と言われています

こちらのサイトで資産運用かんたんシミュレーションで運用資産総額と取り崩し可能金額が計算できます。

サイドFIREを目指すゆたふくろうの2020年の大型出費の総額は

大型出費:¥751,413!!

意外と使ってます(笑)
何に使ったのかは、次回記事「2020年年間収支」でご確認ください

目次

お金だけでなく、時間も節約する

もちろん、お金の節約はとても大事で簡単にできることではありません。

お金を節約した分、心と時間を浪費していませんか?

節約にこだわる方は、費用対効果だけを求めていることが多いです
ですが私たちは時間対効果と費用対効果の両方を重要視しています

時間対効果

使った時間に対して得られる効果

費用対効果

投資した費用に対する効果
よく耳にする「コスパ」とは費用対効果のこと。

時間対効果が低い例

1円でも安い食材を求めて往復1時間かけて二駅先のスーパーに行く

結果、お金は数百円節約できました。
でもその1時間をスキルアップに充てていたら、年収が上がるかもしれません。
リフレッシュの時間に充てていたら、翌日の仕事効率が上がるかもしれません。

数十円よりよっぽど価値のある時間だと思いませんか?

わたしたちは時間対効果が低いことはサービスや家電に頼っています。空いた時間を資格勉強や休息・大切な人との時間に充てています。

  • 買い出しはやめてネットスーパーで買う
  • 洗い物などは家電に頼る

自動化できるものは自動化し、空いた時間を有効に使う
時間対効果を高めることが、充実した人生に繋がります

昔のゆたふくろうは節約至上主義でした

今は時間の確保のためにお金を使っていますが、節約至上主義だった頃の私の一人暮らし生活は

  1. 東京と埼玉の境目、1R4.5帖3万/月
  2. 通勤時間1時間半
  3. 30㎝ほどの三角形の玄関(もはや玄関とも呼べない)
  4. 冷暖房器具は買わない
  5. 本当に人が入ることを想定して設計したのか疑うほど狭すぎるユニットバス
  6. テレビやパソコンもない

この生活を見た父親の言葉

ここは牢屋か?

今思い出しても、牢屋という表現はピッタリですね。あの頃はとにかく家賃の安いとこを求めていたので牢屋みたいな部屋でした。当然友人を呼べませんね。

わずかなお金のために時間を浪費し、楽しみもなく心も荒んでました(笑)
経験ある人多いのではないでしょうか

身近にいる常に余裕がなく忙しそうな人を思い浮かべてください

  • 忙しそうな割に仕事が遅い
  • 心に余裕がなく、視野が狭い
  • 判断が遅い
  • 機転が利かない
  • 節約至上主義の皆さん

本当に今、楽しいですか?
10年後の自分を想像できますか?それは理想の自分ですか?
10年後、20年後も長く楽しく生きるために、今大切にしなきゃいけないことはありませんか?

「節約」というと「お金の節約」をイメージしがちですが「時間の節約」も取り入れてみてはいかがでしょう


時間に余裕ができるメリットは?

  1. 身体と心を休める時間ができる
  2. 資格勉強やスキルアップに費やせる
  3. 大切な人との時間が増える
  4. 副業の時間が増える
  5. 心に余裕が生まれる

心に余裕が生まれるメリットは?

  1. 視野が広がり、気付きが増える
  2. 思いやりが生まれる
  3. 周りに嫉妬しなくなる
  4. 冷静に判断できる
  5. 物事を俯瞰で見れる

今思いついただけでこんなにあります
人によって全く違う回答が来そう
ぜひ皆さんの思うメリットをお聞かせください!

「モノの価値」>価格か

価格と価値って違うの?

同じに感じるよね

価格とは、物のねうちを金額で表したもの

価値とは、どれくらい大切か、またどれくらい役に立つかという程度。

私なりの解釈は

価格は、だれが見ても同じもの

価値は、見る人の思想や状況によって変わるもの

例えば、500ml1000円の水があったとする

たかっ!

高いよね~、それがまさに価値感

でももし、砂漠に住んでたら?

これを飲まなきゃ死ぬなら安い買い物かも・・・

1000円という価格はだれが見ても変わらない
でも見る人によっては、高くも安くもなる

それは、生きる上で「何を大切にするか」が人によって全然違うから
この「何を大切にするか」が価値だと思ってます

ここで一つ質問。あなたならABCどの炊飯器を購入しますか?

A. 価格1,000円。炊飯に4時間かかる
B. 価格10,000円。炊飯に40分かかる
C. 価格100,000円。炊飯に1分かかる

もちろん正解不正解はありません
「何を大切にするか」は人によってさまざまだから

「安さ(費用対効果)」が価値の方はAだろうし
「速さ(時間対効果)」が価値の方はCだろうし

私はBですかね
安さも速さも欲しいですが、お財布とも相談しなきゃなので・・・

費用対効果・時間対効果どちらかに偏るのではなく、限られた中で上手にバランスをとるのが大事

何かにお金を払うときは

「モノの価値」>価格か

まで考えると判断しやすいです

炊飯器=お米を炊くだけのものだから安い方がいい
ではなく、それにより浮いた時間をどう使えば価格以上の価値がうまれるか

そしてそのためには、自分の価値観(何を大切にしているか)を知っておくことが重要です

価値観を知るために

これは、お金の使い方だけではなく
人生においてもとても重要です

・自分の軸なんてない
・迷ったり、後悔することが多い
という方はマインドマップを試してみてください
作り方の一例です

  • 自分の現在の状況
  • 将来どうなりたいか
  • どういう状態が自分にとっての幸せか
  • そのためには何が必要か
  • 譲れないことは何か
  • 一番大切にしたいことは何か

などを考えながら作成してみてください
それで、時間と心を犠牲にしてでもお金が一番大切なんだ!という方はそれも正解です

きっと、将来が鮮明に見えてくることでしょう

まとめ

時間を浪費した節約は心がすり減ります
預金残高が増えて嬉しいのも今だけです(経験談)

  • 自分の節約術は、時間と心の浪費になっていないか
  • 費用対効果時間対効果の両方を見る
  • 自分の価値観を知る
  • 価値観に沿った選択をする
  • 10年後どうなりたいか

モノの購入に限らず、後悔することが多い方は自分という人間について深堀りしてみてください
そして「自分の価値観に沿っているか」を考えて選択してみてください

読んでくださった皆さんの生活が、少しでもいろどりのあるものになりますように

目次
閉じる