MacでNASへ接続できなかったのが解決した

無線ルータの簡易NASを使ってファイル共有やiPhoneの写真を保存しています。
Windows10しか利用していなかったのですが、Mac Mini M1 を購入してファイル共有しようとしたのですが
かなりハマったので対応手順を残します。

この記事によって被った損害、損失に対して、いかなる場合でも一切の責任を負いません。自己責任でお試しください。

この記事は下記の人たちにおススメです
この記事は2021年3月21日時点の情報です

  • Macでファイル共有したいけどうまくいかない
  • WindowsとMacでファイル共有したいけどうまくいかない
目次

利用している機器は?

ふくろう一家のガジェット
  • Windows10 Home ノートPC1台
  • Mac Mini M1 1台
  • iPhone XS 2台
  • ASUS RT-AC68U 無線ルータ
  • Buffalo,IO Data 外付けHDD

どの機器からでも写真やファイルが見れるよ

どんなエラーが出たのか?

MacからSMBで NASにアクセスしても以下のメッセージがでてしまいました。
「オリジナルの項目が見つからなかったため開けません」


なぜかNAS側をゲストアクセスにしたら接続できましたが、iphoneの写真の保存に利用しているPhotosyncから SMBでアクセスできなかったため調査を開始しました。

ルータがSMBver1しかサポートしていなかった

ルータにASUSのRT-AC68Uを利用していますが、SMB ver2までサポートしています
ASUSへ確認しましたが、2021年1月現在で販売されている無線ルータではSMB3.0に対応していないとのことでした

お問い合わせいただいた件につきまして、弊社担当部署より確認させていただいたところ、
samba3.0に対応したルーターがございませんので、ご了承のほどよろしくお願いいたします。

ASUSからの回答

MacはSMBを利用するにあたり、デフォルトで無効になっている機能や有効になっている機能があります。
これらの機能を有効にしたり、無効にしてNASにアクセスできるようにします。

  • デフォルトでSMB ver2しか利用しないようにする。
  • NETBIOSを有効にする
  • パケット署名を無効化する
  • DS_Storeを読み込まないようにする

ASUS無線ルータのsmbバージョンを確認してみる

smbのバージョンが3.6.25なので、SMBver2まで対応していました。

admin@RT-AC68U-41A8:/tmp/home/root# smbd -V Version
Version 3.6.25

SMB設定ファイルを作成する

下記の設定値を SMB設定ファイル(smbd.conf)へ記載すると、すぐに反映されますのでMacの再起動は不要です
具体的な手順は下記を参照ください

/etc/smbd.conf

[default]
port445=both
signing_required=no
protocol_vers_map=1
dir_cache_off=yes

ターミナルを起動する

controlキー + spaceキーを押して、スポットライト検索のバーを表示します。
バーに「ターミナル」と入力して、下記の「ターミナル」をダブルクリックする。

smbd.confファイルの存在確認

デフォルトでは作成されていないはずですが、念の為ファイルの存在確認をします。
下記のメッセージが表示されたらファイルはありません。

 ls -l /etc/nsmb.conf
ls: /etc/nsmb.conf No such file or directory

smbd.confファイルの作成

下記のコマンドを1行ずつ実行すると、smbd.confファイルが作成されます。
[sudo -s]の後にrootユーザのパスワードが聞かれますので入力してください。

sudo -s
echo "port445=both" >> /etc/nsmb.conf
echo "signing_required=no" >> /etc/nsmb.conf
echo "protocol_vers_map=1" >> /etc/nsmb.conf
echo "dir_cache_off=yes" >> /etc/nsmb.conf
exit

以上で設定は完了です。

どうやって調べたか

一番確実だったのはappleサポートに聞いたことでした。
電話をしたらすぐに回答してくれました。

その前にMACではmanコマンドにより設定ファイルの説明が確認できます
実際にmanコマンドで SMBver3の無効化方法も記載されていました

nsmb.conf manコマンド抜粋

 “Bitmap of SMB Versions that are enabled” can be one of:

     7 == 0111

        SMB 1/2/3 should be enabled

     6 == 0110

        SMB 2/3 should be enabled

     4 == 0100

        SMB 3 should be enabled

     “Bitmap of SMB Versions that have signing required” can be one of:

     7  Signing required for SMB 1/2/3.

     6  Signing required for SMB 2/3.

     4  Signing required for SMB 3.

目次
閉じる