ライフプランシミュレーションをしたら絶望した話

この記事はこんな人におススメです

  • 漠然とお金の不安はあるけど、いくら貯蓄できているのか不安な人
  • 子供が生まれて漠然とお金の悩みがある人
  • 大きな買い物をしたいけど来年、再来年の貯蓄が不安な人

この記事では日本FP協会が公開している家計のキャッシュフロー表で、ゆたふくろうが収支確認をした方法と支出を見直しした結果を公開します。

結論
 ① (固定費の削減)  利用目的を明確にして必要なものだけを確保する
 ② (投資先の見直し) スキルアップ、教育費にはお金を掛ける

目次

ライフプランシミュレーションをしたきっかけは?

子供ができるまでは浪費家で、貯蓄という考えがありませんでした。

  • 毎週飲み会にいくし、帰りに食べたいものを買う
  • 必須ではないけど最新のハイスペックPCや大きいディスプレイを買う
  • 筋トレに効果抜群を売りに、プロテインやサプリを買いまくる
  • 週1回しか乗らない車を「冬は寒いから」という理由で買ってしまう

子供ができたことをきっかけに教育費の確保や家の購入などを真剣に考えるようになりました。
そこでFPを持っている同僚に相談して、『日本FP協会』が公開している「家計のキャッシュフロー表」で収支確認をすることを勧められました。

ステップ1 月々の出費を把握する

毎月の支出項目と金額を把握して固定費、一時出費を把握しましょう

私は当時家賃以外はクレジットカード払いにして、マネーツリーで出費を管理していたので、クレジットカード以外の出費を洗い出しすれば家計簿の完成でした。
日本FP協会の公開している「家計の収支確認表」では項目が荒かったのと、子供が生まれた後の出費を予想したかったので、私は以下のような表を独自に作成しました。

これから出費を把握されたい方
家計の管理にクレジットカード払い + 家計簿管理アプリ (zaim,マネーツリー)の利用をおすすめします。
我が家ではzaimを利用しております。

支出項目金額
住居費109,000円
食費58,000円
車両費(駐車場代、ガソリン)20,000円
光熱費15,500円
交通費10,000円
通信費12,000円
家事・日用品費10,000円
衛生費(散髪代など)5,000円
生命保険・医療保険費5,000円
医療費・整体費15,000円
交際費5,000円
趣味(ジム・テニス)20,166円
月々の生活費小計264,666円

ステップ2 年間の出費とライフイベントを記入する

ここまで実施された方 すでに7割完了です
ここでは重量税や帰省などの年間出費の洗い出しを行います。
さいごに日本FP協会が公開している「家計のキャッシュフロー表」に①年齢、②ライフイベント、③年間出費を記入しておわりです。

年間出費を洗い出しましょう

私は年間出費として以下を計上しましたが、いま思えば家電などの一時出費を見込んでおりませんでした。

年間支出では年払い保険、重量税、固定資産税などの大きな出費は見込んでおきましょう。
私は帰省や冠婚葬祭も年間出費に見込みました。

支出項目金額
バイク保険23,000円
自動車保険37,000円
賃貸の場合の更新費(2年間)50,000円
冠婚葬祭30,000円
帰省(年2回)60,000円
重量税39,000円
年間の費用小計239,000円

キャッシュフロー表へライフイベントと年間出費を記入して完成

日本FP協会が公開している「家計のキャッシュフロー表」をダウンロードします。
家計のキャッシュフロー表に①年齢、②ライフイベント、③年間出費を書き込んで完成です。

以下のような表が出来上がります。ふくろう一家の家計は2年後には年間収支が「-23万円」となっていることがわかりました。
厳密にはidecoやNISAも見込んでいるので資産としてマイナスではないのですが、教育費とリタイア後のことを考えて投資資金は確保したかったのです。

年間収支と貯蓄残高の推移をグラフ化する

年間収支と貯蓄残高の推移をグラフ化するとわかりやすいです。
私達の場合は以下のようなグラフになりましたが、子供が独立するまでは貯蓄が厳しいことがわかります。

さいごに 家族で支出を最適化しましょう

私たちはここから家族で話あって、支出の見直しを行いました。
下記のように利用目的を明確にして、必要なものだけを確保することにしました。

  • 週1回しか利用していなかった車を手放す
  • 買い物やテニスの移動で利用しているバイクを買い替える(250cc⇨125cc)
  • 格安SIMに変更する
  • 必要な保険金を算出して、保険を見直す

ゆたふくろう(妻)が車は使わないと思っていたことが意外でした。

児童館やスーパーには歩いていけるし、車に子供乗せる方が大変よ
ペーパードライバーだし、車の方が怖いわ

逆にスキルアップに必要な書籍など自分達への投資や子供の教育費にはお金をかけていこうという考えになりました。

簿記、VBA、ビジネス書など自分達のスキルアップに繋がるものは惜しみなく買う
子供が行きたがったら高校から私立に行けるだけの資産を準備する

コメント

コメントする

目次
閉じる