『2021年2月』米国ETF投資・新興国ETF投資の運用実績

あなたにお伝えしたいこと
  1. 投資を始めたばかりの人の資産の内訳
  2. 具体的に何の銘柄をいくらで買っているか
  3. 銘柄ごとの損益

投資は自身で判断し、自己責任のもとで余裕資金で行ってください

今年の目標のひとつに【家計簿を毎月公開】することをあげています
2021年2月の家計簿を公開していますので、あわせてご覧ください
さらに【保有資産額とポートフォリオ】を毎月公開していきたいと思います

結論
  • 資産合計は10,064,974円
  • 生活防衛資金:272万円、投資資産:7,344,974円
  • 含み益は+155,591円
  • 長期投資として20万円を様々なETFに分散投資
  • 2021年2月に新規で投資した個別銘柄はなし
  • ダウや日経平均の動きがあったものの、新規投資はせずに下落時に追加で投資が行えるように準備
目次

2021年 30代子育て世帯の投資方針

2040年セミリタイアを目指し3,750万円の資産を確保することを目標にしています
このためNISA、ジュニアNISAを活用したインデックス投資による長期投資を主としております

一方で年に数回ある下落時やバリュー株へ投資することでさらに利益を高めたいと考えています
いつでもまとまった投資が行えるように現金比率を高めていくスタンスで投資を行っていきます

積立投資は行いつつ、現金比率も上げていくスタンスです

30代子育て世帯の資産内訳

ふくろう一家では生活余裕資金として272万円を確保しており、投資資産は約734万円となります
企業型DCは外国株式に投資しており、全体の41%が株式になります
現金比率が52%と高いため、株価が下落したタイミングや中短期で利益が見込めれば積極的に投資していきたいです

スクロールできます
銘柄投資先の国(指数)口数 平均取得価格現在価格      損益計    
VOOアメリカ(SP500)8330ドル346.36ドル27,335円
VWO新興国(FTSE Emerging)1043.76ドル52.20ドル16,737円
EPIインド(独自指数)5628.38ドル31.88ドル20,690円
EIDOインドネシア(MSCIインドネシア)7023.31ドル22.78ドル-3,152円
dbx トラッカーズ ベトナム/3087:HKベトナム(FTSEベトナム)10296香港ドル283.5香港ドル-1,739円
トラッカー ファンド オブ 香港/2800:HK香港(香港ハンセン指数)50026.7香港ドル29.22香港ドル17,527円
AGGアメリカ(社債・債券)9117.82ドル114.35ドル-3,366円
IAUアメリカ(金)8817.52ドル16.16ドル-12,916円
GLDアメリカ(金)2186.99ドル159.05ドル-6,031円
FXI中国(FTSE中国50)140.50ドル48.83ドル902円
東日本旅客鉄道/9020日本(鉄道・バス)1006,763円7,994円123,000円
ユナイテッド/2497日本(サービス業)1001,324円1,283円-4,100円
日本電設工業/1950日本(建設業)1001,974円1,992円1,800円
ゼビオHD/8281日本(小売業)300923円940円4,900円
合計3,027,556円155,591円
保有資産一覧

『毎月20万円』具体的な投資銘柄と投資割合

2021年2月に購入した銘柄

購入日銘柄投資先の国・商品取得原価(ドル)口数割合
2021年2月25日VOOアメリカ$355.24246%
2021年2月25日EPIインド$31.5815%
2021年2月25日EIDOインドネシア$23.561115%
2021年2月25日IAU$17.042223%
2021年2月 新規購入株式

全体の80%をETF、株式へ投資しており、約20%を金のETFへ投資しています
ゆたふくろうはダン高橋さん両学長バフェット太郎さんの影響を大きく受けておりますが、セミリタイアの目標日まで20年の時間があることからリスクを取ったポートフォリオとしました

この他にもポンド円を買い、ユーロ円の売りを保持していますが、1000通貨単位で細かく保有しているため記載していません。

長期的に米国だけでなく、今後の経済成長が期待できる中国・インドネシア・インドにも投資しています
また、各国の債務が増加したことに伴い、長期的に金の価値が上がっていくと考えています。

金と株式は反比例する動きをするのでリスクヘッジにもなります

・2021年2月は個別株の購入はなく、積立で購入している米国ETFのみの買い増しのみ
・ポンド円が150円まで円安になったため、147円で保持していたポジションを精算できた

今月の含み損益『+155,591円』

金・インドネシア・ベトナム・社債の含み損が -52,769円
インド・中国・日本・米国・その他新興国の含み益が+208,360円
株式は8.3%の含み益
金・株式・社債合計では+155,591円(5.1%)の含み益

下落したときに確固たる意思を持って買い増したいです

まとめ

2020年10月から投資を始めて、少しずつ投資スタイルが確立できてきたかなと思います
しかし、短期投資では株価が気になってしまうため、下落したときに買うスタイルが性格にあっているように感じました
今後は、月々のキャッシュフロー改善のために花王などの増配当株も購入しようかと考えております

今後の方針は長期積み立てを行いつつ、下落時には積極的に投資をしていきたいですが、どっぷりはまらないように注意したいです

夫はAWSの試験を控えています
わたしは簿記2級に無事に合格しました

目次
閉じる